ネット・ゲーム依存症向けオンライングループ:FiSH(Field of Sharing Hearts)

ネット・ゲーム依存で難しさを抱える方を対象としたオンライングループFiSHの公式ブログです。ネット・ゲーム依存症の当事者や家族の方に向けて、オンラインイベントや依存症についての情報を発信していきます!

5月2日イベントレポート

みなさん、こんにちは。ピーチです!
今日は5月2日のミーティングのレポートをアップします。


今回のハイライトはなんといっても新企画「16性格診断」かなと思います!

みなさんご存知でしょうか?

www.16personalities.com
少し前から話題になっているかなと思うのですが、自分のことを客観的に見るためのツールとしてこういった性格診断は有用なんじゃないかなと思っています。

いつも自己紹介が終わってからトークセッションに入るのですが、今回はこちらを前半部で扱いました!
感想でも「面白かったです」とのお声をいただけてよかったです。

 

ちなみに参加者さんの中では「仲介者」型がもっとも多かったです。依存の傾向やハマりやすいゲーム、ハマる理由と関連があったりするのでしょうか…?色々考えてみると興味深いですね。
ちなみにわたしは「広報運動家」でした!一年前は「領事官」だったので、みなさんも時間を空けてやってみると結果が変わるかもしれません。


そのあとは、いつも通りトークセッションを進めていきました。

1. ゲームがないことの不便さ、もし世界からゲームがなかったら?

 

2. どんな時に依存的になっていると感じる?

 

3. 今後の使い方における目標

 

について一部内容を紹介します!


1. ゲームがないことの不便さ、もし世界からゲームがなかったら?

なかったらやっぱり一人でいるときに暇、友達と共通の話題がなくなってしまう、といった意見があがりました。趣味が合う友達ってなんか特別だなってわたしは最近すごく思います…
また、ゲームがなかったら外で遊ぶ子がもっと増えたかも、といった意見もありました。一方で、ゲームがなくてもやっぱりひきこもっていてもっと辛かったかもしれないなという感じ方をしている方もいました。

やはり救われている部分も多いのではないかと思います。

 


2. どんな時に依存的になっていると感じる?

ストレスを感じた時、孤独を感じた時、気を紛らわせたい時などの意見がありました。やっぱりこれを読んでいるみなさんも多く共感される部分かと思います。加えて、無意識的にやっている、そうでもなきゃやってられない、と言った声もあがっていました。逃避とするとなんだかマイナスなイメージもありますが、逃げ込める場所があるのは大事なことかなとみなさんのお話を聞きながら個人的には思っていました。

 

 

3. 今後の使い方における目標

2であげたようなことを今後少しずつ解消していくためには、「社会や周囲の人をもっと頼る」ということが一つキーワードになっていたように感じます。逃げ込める場所を増やしていけるといいですよね!かくいうわたしも本当に周りを頼るのが苦手です。そもそも深い仲になるのが年々苦手になっていて、さらにコロナで余計にその傾向が強くなった気がします。

以前のレポートにも度々書いたような気がしますが、いい意味で期待値を高くしすぎず、なにか助けになるものがあればいいなくらいの心持ちで最近は考えるようにしています…それもそれで寂しいですが…

でもやっぱり年を重ねていろんな経験が積み重なるにつれて、よくもわるくも自分の人生が自分色になって、その中で全てを受け入れて、理解してくれる人はやっぱりそうそういないんじゃないかと思っています。なので人間以外も含めて、いろんな援助を求める先を持っていられるのが大事なのかなと思います。それが難しいのですが…


ぜひこのあたりもっと今後みなさんと話していきたいなと思っています!



以上がレポートになります。

発言内容等は全て参加者の方々の許可を得て掲載しておりますので、初めて参加される方もどうか安心してご参加くださいませ。


もし興味持っていただけた方は、ぜひミーティングに遊びにいらしてください!!
次回は5月16日(日)17:00-19:00になります。
こちらが参加フォームになります。
何か話し合いたいテーマ等あればいつでもご連絡くださいね!

4月4日イベントレポート

みなさんこんにちは、ベニエです。4月も後半になり、最近はようやくあたたかい日が増えてきました。そろそろ衣替えの時期でしょうか…?季節の変化を感じつつあります🍃

 

今日は、4月4日に行われたミーティングのレポートを公開します。

最近は新規でご参加くださる方も増え、参加してくださる方によって毎回違った雰囲気が生み出されています。

毎回のミーティングでは、自己紹介も兼ねて、冒頭にアイスブレイクの時間を設けています。今回は、「春を感じる時」というテーマでした。新年度による自身の環境の変化と絡めながら自己紹介をされた方も多く、新たな環境に奮闘されている方が多い印象でした。

 

今回は、4つのテーマに沿ってミーティングを進めました。ネットやゲームに関する悩みから生活全般における悩みまで、幅広い内容を共有しました。ネットやゲームの魅力も共に考えることで、いつもとは異なる視点で付き合い方や向き合い方を考えられた方も多かったのではないかと思います。それでは、ミーティングの内容を詳しく見ていきましょう!

 

トークテーマ

① 今、どんなことに悩んでいるか

4月から新たにスタートした、職場や学校に関する悩みや不安についてお話しされた方が多かったです。今までの失敗や挫折の経験から、新たな環境へのチャレンジを継続できるのだろうかという不安が最も多く、対面での人との適度な距離のとり方や、相手に本音をさらけだすのが得意ではない、といった人間関係における悩みを吐き出された方もいらっしゃいました。不登校や引きこもりの経験があるからか、正社員として就職したり、進学したりすることを避けながら生活をしているな、とみなさんのお話を聞いて自身を振り返った、と言われた方もおられました。

 

一方で、先を見通すことが苦手である、理想の自分と現在の自分とのギャップを埋めるために自分自身を追い込んでしまう、やらなければならないことも面倒だと感じさぼりがちになってしまう、といった自身の特性や、日常における悩みなど、数多くの悩みがあげられました。

 

不安の素や原因が分かることで、自分の心が整理できたり、心が少しすっきりしたりすることってありますよね。自分自身の悩みや不安を吐き出す時間は、とても大切だと改めて感じさせられました。今回は、ネットやゲーム依存に関する悩みというよりは、生活全般に関する悩みをお話された方が多い印象でした。

 

② ネット、ゲームの魅力、どんな部分にハマるのか?

最も多く語られた魅力は、「現実世界ではないこと」という点でした。アニメならではの仮想世界の美しさがあることや、ゲームやアニメに登場する主人公の成長から前向きな気持ちを貰えること、現実が辛い時に一時的に逃避ができること、ゲームの中だと強い自分でいられるといった意見もあげられました。

小学生の時は、友人との共通の会話がゲームで、ゲームに登場する強いボスを倒すと友達からすごいと言われることが嬉しく、実況動画を見て更に強くなろうと努力した、といった意見もありました。

 

コロナ禍により、まだまだ外出がし辛い状況です。行動の幅が狭く、ストレスを言葉にすることがまだまだ苦手な子どもたちは、ゲームにハマってしまうのも仕方のないことなのかもしれないな…と感じます。多くの方が言われていたように、魅力や良さを程よく味わいながら付き合うことが大切なのかなと感じました。

         

③ 家族との関わりの中でストレスに感じること、感じていたこと

父は仕事一本、母は子育て中心で、我が子への心配からか、将来や進路、生活面に関する口出しが多かったことがストレスだったというお話が印象的でした。あまりにも投げかけられる言葉が多すぎると段々と無視したくなってきて、徐々に会話のキャッチボールを避けるようになったと言われていました。今だからこそ母に本音を話して向き合えばよかったと感じるものの、当時はそれが難しかったそうです。他にも、生きてきた時代が違うからこそ「みんな同じ」を強要させられ、人と違うことや新しいことを嫌っていたこと、両親の喧嘩が多かったこと、親が精神的に不安定だったことなどがあげられました。

 

家族は、他人だけれど他人ではないという絶妙な距離感があるように感じます。互いのことを気遣い、相手に理解してもらえるコミュニケーションを心がけることが大切なのだと感じました。とは言っても、私自身もまだまだ未熟なので、家族にだからこそ話せないこと、意識的に距離をとってしまうこともあります。正解はないのですが、より良い家族のカタチを見出すことはとても難しいことだと感じます。

 

④ 今気をつけていること(ゲームやネット、人間関係に関してでも)、今後自分の中で克服したいもの

さぼりがちなところや、やらねばならないことを先延ばしにしてしまうところ、こうなりたいという強い理想を持ちすぎてしまうところといった、様々な克服したいものがあげられました。周りの人を信頼し、本音を話せるようになりたいというお話もありました。

 

今回は、ネットやゲームの依存から現在は抜け出している段階の方々の意見だったので、ネットやゲームに関することというよりは、自分自身や人間関係に関することが多かったように思われます。

 

 

以上が、4月4日に行われたミーティングレポートになります。当事者の方、ご家族の方、様々な年齢や立場の方が同じテーマで考え、深め合う時間はとても貴重な時間だと感じます。ミーティング後にいただくご感想の中でもそういった意見があり、どんな方にも何か一つでも得られるものがあればよいなと言う思いで運営を行っております。

 

ミーティングは、当事者の方はもちろん、ご家族の方や見学の方の参加も受け入れております。「初めてなのでチャットのみでも良いですか?」「発言はできないので聞くだけでも参加可能でしょうか?」といったご質問をいただくことも多いのですが、現在は「聞くだけ」の参加も受け付けております。ぜひ初めての方もご参加いただけると嬉しいです。

 

次回のミーティング(5月2日)のお申込みはこちらから! 最後までお読みいただきありがとうございました☺

FiSHオンラインミーティング 参加申し込みフォーム (google.com)

 

※毎回のイベントレポートに記載しているイベント中の発言は、公開前に発言者の方にご確認及び掲載許可をいただいております。許可なく勝手にアップすることはございませんので、ご安心ください。

3月21日イベントレポート

みなさんこんにちは。ピーチです🍑

またまた遅ればせながら、3月21日のイベントレポートを投稿します!


実は、我々の団体は朝日新聞さんの取材を受けており、少し前に朝日新聞デジタルの方の連載で取り上げていただいたのですが、3月22日朝刊の紙面にて再度記事が掲載されておりました!
ご覧いただけましたでしょうか?

 

そんなこんなで最近は新規でいらっしゃる方も多く、少しずつ輪が広がっていることを嬉しく思っています。


参加しょっぱなから話すのは抵抗あるかもしれないと思いつつも、今回はこちらから具体的な質問を投げるというよりは、ざっくばらんにこれまでを少しふりかえって語ることがメインになりました。

 

 

1. 今年度の抱負、やってみたいこと

2. みなさんのこれまで

 

1. 今年度の抱負、やってみたいこと

ゲームの時間を減らす、というのがやはり圧倒的に多かったですね。無理せず、少しずつみんなで頑張っていけたらいいなと思います。中には勉強だったり資格の取得など具体的な事柄を挙げている人もいました。「〜をしない、減らす」と同時に何かポジティブ、前向きになれるような目標も設定してみると少し頑張れそうですよね!



2. みなさんのこれまで

人によってゲームにのめりこんだ理由は本当に様々で、

友人関係がうまくいかなかった、学校が面白くなかった、勉強から逃げたかった、家族との関係がよくなかった、受験に失敗した、などいろいろと出てきました。

そして、多くの人はこれらが一つではなく複数重なっているようでした。

 

また、今後は、寂しさとうまく付き合っていきたい、ストレスとうまく付き合っていけるようになりたい、ゲーム以外にできることを探していきたい、などの意見が上がりました。

 

そう考えると、やっぱり「ゲームが悪」「ゲームを断てばそれで解決」とは言えないということが見えてくるように思います。

 

それぞれの苦しみを完全に分かち合うことは難しいかもしれないし、「それくらいのことで」と言われた経験ももしかしたらこれまでにあるかもしれないですが、FiSHでは参加者全員で分かち合うことを大事にしています。ぜひ今後も多くの人にとって安心して自分のことを話せる場になればと思っていますし、そうやって少しでもいろんな人とつながっているという感覚を得てもらえれば、私たちとしても非常に嬉しいなと思っています。

 

 

次回は、5/2(日)の17:00-19:00になります。

FiSHオンラインミーティング 参加申し込みフォーム


なにか話してみたいテーマなどあればどしどし運営の方に教えてください☀️

コロナ感染者も再び増えてきて、不安定な心持ちの日々が続きますが、みなさんとまたミーティングでお話しできるのを楽しみにしています。

 

あなたの“推し”は?? ~まーちゃん編~

こんにちは!まーちゃんです!!
最近は大学がはじまりましたが、通学にブランクを感じております笑

今回はリレーブログ第3弾!
今回は私が題名を考える番でしたが、お2人みたいなお題は思いつかず……

自分らしいお題にしてみよう!そういえば最近好きなこと語ってない!ってことで
“推し”
について自由に語るというテーマにしてみます✨

推しは何でもアリ!
推しといえば固有名詞を指すような感じもしますが、普段推しという言葉を当てはまらないような好きなモノやコトについても、自由に後の方には書いてもらいたいなという気持ちです!


さて、、私の“推し”は演劇…
だと思っていました!コロナの前まで!!
実際、演劇を創りたいと思って演劇サークルに入りセカセカと働いておりました…

そんな中コロナで舞台は軒並み中止。無観客配信や過去作品の配信がかなり活発になされていきました。
しかし、自分はそこに惹かれることはありませんでした。
もちろん演劇を見ることは好きなのには変わりありませんが、劇場に行かずに家で見る演劇に魅力を感じられなかったのです。

そこで、自分が好きなのは演劇なのか?と問い直すとちょっと違うことに気づきました。私が好きだったのは演劇の・劇場の“空間”でした。
キャストとスタッフと観客が空間と時間を共有する。それが私が好きな演劇の要素であり、家で1人日常空間でみる演劇ではなかったのです。
役者と近い気もする、でも別世界のような感覚
その別世界にトリップしたような感覚
観客の拍手や泣き声
劇場のスモーク
劇場に入った時のスタッフの姿
こういう劇場空間にいなければ感じれないことが好きなことに気づきました。

博物館や美術館も好きですが、それは作品と自分が館内で空間を共有していることに魅力を感じていたのかもしれません。

と!いうことで!
【結論】
私の推しは“空間の共有”

結局推しというコトバが似合わない結論になってしまいました😅



ブログ書いていて空間・時間を共有できる場というのにFiSHも当てはまる気がしました✨
さてそんなFiSHですが、毎月第1・3日曜日に開催中です!
最近は有難いことに毎回多くの参加者様にご参加いただいております。是非皆様お気軽にご参加くださいませ😌

次回の参加フォームはこちら

以上まーちゃんでした!

3月7日イベントレポート

みなさん、こんにちは!

まーちゃんです

 

遅くなってしまいましたが、3月7日に行ったイベントレポートをお届けします。

 

今回は当事者の方やご家族の方など様々な方にご参加いただき、また初めて参加される方が多くいらっしゃった会となりました。

 

アイスブレイクでは「卒業したいコト・モノ」というテーマで行い、ゲームやネットに関することや生活習慣についてお話された方が多かった印象です。

 

 

*テーマトーク

今回のテーマは前回とは一転ゲームやネットに使い方に特にフォーカスし、そして家族との関係についても取り上げました。

 

①コロナによる生活の変化、ゲームやネットの使い方の変化

・メリハリがなくなり、作業なども含めてずっと画面を見る生活になった

・生活がかなりかわりゲームの使用時間が増えた

・生活習慣の乱れ・長時間ゲームをやっていることに気づいた

・サポートしてもらえることや、このグループを見つけることにもつながった

・先の予想をするのが難しくなった

・オンライン授業になって嬉しかった

 

など、コロナの変化についてお話いただきました。

悪い方向に変化したこと・良い方向に変化したこと様々だなと感じました。

私自身は、大学の授業がオンラインになったことで単位はよくとれたしオンラインの方がゆっくり授業を見れたと思う一方で、実地の授業ができなかったことが非常に残念でした。パソコンと向き合う時間も多くなり、目の疲れが出たり寝付きが悪くなったように感じました。

 

②一番のめりこんでいた時期について

・コロナで長くなった

・高校時代が一番多かった。やる間は楽しいが、やるべきことがあるので自分を責めてしまいまたやってしまうことも。

・友達のコミュニケーションの一環でゲームをやっていたが、それがどんどんのめり込んでいった。

・小学校の時は一日中ゲームをしていた。現在決まりをつくってやっていたが、授業が終わったことでコントロールできなくなってきているように感じている。
・多い時は20時間くらいやっていた。

・中高生の時期。最近もゲームにはまりだしたが、気づいたら時間がたっている。

・特に最近。生活リズムが崩れてきた。またやることで罪悪感を感じることが多々ある。

 

時期や理由は様々。

ここ最近気になっているという方も複数おられましたが、ちょっと気になって話を聞きたい・自分の状況を話してみたいくらいの気軽な気持ちで来れる場所によりなっていければいいなと個人的には思っております。

 

 

 

③支えになったこと、支えになっていること、気持ちの持ちようで気をつけていること

 時間を減らすために気をつけていること

 

・いらいらしたら走ったり、時間のかかる料理をする

・先の楽しみなことに目を向ける

 

・ゲームをしている自分は嫌い

・尊敬できる人がいたり、別の興味を持てるものがあるからゲームを辞められている。

・朝起きてから動き出すスイッチをつくる

・ゲームは素晴らしいものだと思っている。その上で依存症について調べたときに知ったことばで腑に落ちた言葉がある。依存症の人は自分より酒が大事になっていて、それを逆にしていく必要があるという言葉。ゲームにも置き換えられる。

 

私は最近ぼやっとした日々をすごしています。

皆さんのお話を聞いていて、ゲームやネット以外の何かよりどころを見つけたり、日々に些細な目標をつけたりすることで、日々がはっきりとしてきそうだと感じました。

 

 

④家族との関係性、コミュニケーションにおいて気をつけていること、変えたこと

 

・家族ではあるも別の人として認識することで自分の気の持ちようが楽になった

・家族とは距離感が近いからこそわかってもらえないことも

・家族以外の話を聞いてくれる人がいてもいいと思った

・やめろと言われても自分もやめたいから嫌になる

・希望を持たせるように声かけてほしかった

・家族と問題があり、距離を取ることも大事だと思った

 

 

家族については難しい問題ですよね。

近い存在でありつつ、人間としては他の人で…

自分でも年を重ねてきた今、家族との関係や自分の立ち位置を考えています

 

 

以上3月7日のイベントレポートでした。

 

FiSHでは毎回異なるトークテーマでミーティングを行っております。

 

話したいトークテーマがありましたら、お気軽に申し込みフォームなどでご提案いただければと思います。いただいたテーマをこちらで検討させていただきます。

ただし、送っていただいても採用できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

ミーティング参加はご家族の方・見学のみ・チャットのみでも可能となっております。

 

お気軽にご参加ください!

次回のミーティング申込フォームはこちら

 

2月21日イベントレポート

みなさん、こんにちは。ピーチです!

いかがお過ごしでしょうか?最近花粉症がひどく、なかなか気分が上がりません…同士は頑張って乗り越えていきましょう、、、!

 


更新が遅くなって誠にすみませんが、2月21日のレポートになります!

朝日新聞さんの記事に掲載いただいたこともあり、新規の参加者さんがだんだんと増えており、この回は久しぶりにFiSH運営の体験談を交えながらのミーティングになりました。


1. 運営メンバーの体験談
メンバーの紹介もかねて一部シェアします。もし今後具体的にこういうことを知りたいということがあれば随時お寄せください😊

(1)うずぽん

ゲームは自分にとって大事な逃げ場だった。けれども、友人や周囲がいろいろな変化を遂げている中で、ゲームをしているだけでは生きていけないということに気づき、焦るようになったし、今でも焦りはある。そういう焦りを感じることができたという意味で、周囲との関係を絶たなかったのが自分にとっては良かったなと思う。

 

(2)ルイージ

高校が通信制だったこと、自分のパソコンを買ったことがきっかけだったように思う。同じ依存の人との交流を通して少しずつゲームより他のことに目を向けて、ゲーム以外のものの優先順位をあげられるようになっていった。

 

(3)やっさん

大学の友人関係であったり、人付き合いがなかったこと、また一人暮らしを始めて厳しかった親の目を離れたことが大きかった。最初は自分が依存しているということを認められなかったが、入院して自分と同じような状況の人を見て受け入れるようになっていった。入院しているときに触れた作業療法に興味を持ち、作業療法士という目標を見つけた。



 

2. テーマトーク

今回はかなり抽象的なところにフォーカスしましたね。FiSHの特徴なのかなと思う部分として、「ネット依存」「ゲーム依存」に特化した話ばかりするわけではないということがあると思います。みなさんメタ認知がすごくて、かなり哲学的な話になっていくこともしばしばあります。そういういろんな話を聞いてまた自分のことを振り返って、という時間は本当に何にも代えがたい時間だなと最近改めて思っています。


今回は、「孤独について」「自分にとっての頑張るとは」というテーマがメインでした。(ここだけ読むと本当になんの団体なのかわからなくなりますね)

 

(1)孤独について

やはり漠然と孤独を感じる、と話していた人が多かったです。まずは自分がそう感じていることに気づくことが大事だと話している方もいました。
孤独を埋めるためにでインターネットやゲームにたどり着いたという側面もありつつ、やはりそうしているだけではいけないと思う自分もいる、という話もありました。

 

依存の背景には孤独もあると思います。
私自身の話をすると、最近は孤独を感じながらも人と接することもそれはそれで面倒だなと思ってしまっています。完璧主義な部分があって、人に何かを期待してもその通りにいかなかったりすることが自分にとってものすごくストレスになります。でも、かといって完全に交流がないのも嫌で。わがままですよね…


それでも、マツコデラックスさんがこの間「自由と孤独は裏返しである」ということについて話されているのを聞いたり、岡本太郎さんの「自分の中に孤独を抱け」という本を最近読んで少しは孤独であることへの抵抗感は減ったかなと思います。

 

また、コロナによって一変した生活で、わたしは一人の時間をものすごく楽しめるようになり、特に内省する時間があるのってすごくありがたいことだなと思うようになりました。

 

 

(2)自分にとっての頑張るとは

ゲームをやらずにいること、目の前のことに集中して今できる範囲のことをやること、色々出てきました。上にも書いたのですが、やっぱりみなさん完璧主義と自分を認識している人が多くて、すごく共感できる部分がたくさんありました。完璧じゃない自分に腹がたつし、情けなくなるし、でもそれでも少しずつ頑張ってる自分を認めてあげることがまず大事ということ、すごく刺さりました。

 

 

少し短いですが、以上でレポートを終わります!
こんな感じで、答えのない問いをみんなで共有し、向き合うということを毎回行なっております。

すごく考えさせられますが、終わった後はいい疲労感?があるように思います。

ぜひ今後もいろんな方にご参加いただければと思っています。どうぞよろしくお願い致します!



次回は、3月21日の17:00-19:00です!

申し込みフォームはこちらです。


ご参加お待ちしております!

 

5年前の自分へ ~やっさん編~

みなさんお久しぶりです、やっさんです。
少々、このようなブログの更新が久しぶりですが、ブログリレー「五年前の自分へ」をやっていこうと思います。

 

 

私の5年前というとちょうど大学受験を控えていた時期でした。
私自身、高校生活があんまり楽しくなく、せめて大学は楽しく過ごしたいし、やりたいことができる大学へ行こうと考えていました。
結果はまぁ、やりたかった工業系の勉強ができる大学には入学できました。

 

 

この大学に入学した後のことが、私がインターネット依存症になった原因だと考えています。
入学後、学部学科でのオリエンテーションで友達ができたんですが、基本的に友人同士のコミュニケーション手段はゲームでした。
ある時、友人全員でいつものようにゲームをしてたんですが、ある友人が「やっさんは下手くそ」という感じでいろいろゲームで負けた原因を全部私に被せるようなことを言いました。その意見が他の友人間で同調されて、それからは基本的に私は仲間はずれされるようになりました。
私にとってはそれがすごく嫌で悔しくてその日からただひたすらゲームでの成績で友人たちを出し抜けるようにゲームをしてました。

そしたら、ゲーム上でチヤホヤされるようになってどんどんゲームにのめりこむ自分が出来上がっていました。

 

 

今思えば、この時は何かにとりつかれたような感覚があったんですけど、
この時期を経験したからこそ、今なりたいものがあって4月から大学に通って資格が取りたいと思うようになったので、今は自分の過去の行いへの後悔は少なくなりました。

私の五年前はこのような感じでした。

五年前の自分に何か言うのであれば、「信頼できる友人作って、自分の良さを生かせる仕事に就くんだよ」って言ってあげたいです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回のミーティングは、3月21日17:00-19:00です。ご参加お待ちしております!